施術の流れ

写真の説明

1.受付

問診票を記入していただきます。わからない項目がある場合はお気軽にご質問ください


写真の説明

2.問診

ベッドに移動してしっかりと痛みの原因、どうしたら痛いのなど詳しく聞かせていただきます。


写真の説明

3.痛みの原因探し

西洋医学では筋膜のつながりで原因となる筋肉を探し、理学検査を行います。 東洋医学的には腹診や脈診といった方法でお体のどこが弱っているか、どこの経絡に異常があるかを探っていきます お着替えをご希望の方はこちらでご用意させていただきますのでお気軽にお申し付けください。


写真の説明

4.治療

痛みの原因となる筋肉をほぐします。 腹診や脈診から得た情報から打ち鍼をさせていただきます。(体に刺す鍼ではありません。)


写真の説明

5.へそ灸

治療が終わり、全身に血やエネルギーが巡りやすくなった状態にした後に、 ゆっくりとして頂き、さらに治療効果を高めるようにします。 直接お肌にお灸をするわけではないのでご安心ください。 また、もぐさを使用しないタイプのお灸もご用意しております


写真の説明

6.評価

施術前と施術後でどのような変化(体の痛みや関節の動かしやすさなど)があったかを確認します。


写真の説明

7.次回ご予約の相談

当院では治療効果があったか、治療の方向性が正しかったのかなど、 患者様のお身体についてより詳しく診させていただけるように次回のご予約をおすすめしております。 ご予約が難しい方に関しては、後日お電話でのご予約も可能となっております。


写真の説明

8.終了

スキップをして帰っていただけることを目指しています!